IROIRO

家電の買い替え2021春

2009年にアメリカから日本に帰国した際に一度に買い揃えた家電達。少しずつ段階的に買い替えは行っていたのですが、そのまま現役で使い続けてきたものも残っていました。

ですが、さすがに 10年以上が経過したこともあって、とうとうガタが来てしまいました。というわけで、今回は次の品を買い替え、処分することにしました。

  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • テレビ(処分)

買い替えの経緯

まず洗濯機が不調になったのが昨年の暮れ。時々洗濯の途中で電源が切れてしまうようになってしまいました。

色々試して、電源ボタンを押しっぱなしにすれば症状が起きないことに気付いたのでこんな状態でしのいでました。

これはヒドイ

これは何しているかというと、電源ボタンに四角いブロックのようなものを当てて、割りばしとセロテープで押さえつけて、電源ボタンを常に押し続けている状態しているというもの。とにかくヒドイ。

これでまったく動かなかったり、洗濯自体ができなくなったりしてれば仕方なくすぐに買い替えたのですが、とにかく買い替えがメンドウでこんな状態で粘っていました。

そしたら年明け、今度はレンジが完全に壊れました。ドアを開けると電源が入るタイプなのですが、開け閉めしても電源が入ず、電源プラグを抜き差ししても変化なし。これはお手上げです。

流石にこれは早急に買い替える必要があるので、こうなったらまとめて買い替えるかということになりました。

ちなみにテレビはまだ普通に映りはするのですが、もう何年も電源を入れておらず、ただスペースを無駄にしている状態でしたので買い替えずに処分することにしました。

メンドウなのでいっぺんに買う

レンジはまだしも洗濯機はとにかくメンドウ。

  • 機種を選ぶのがメンドウ
  • 買いに行くのがメンドウ
  • 設置工事がメンドウ

ということで、販売員に相談してまるっと決めてしまおうということで、ヨドバシカメラの西口本店でまとめて買うことにしました。

ちなみに 2009年に買い揃えたのも同じ店だったりします。

洗濯機

洗濯機自体にはそこまで思い入れはないのですが、とりあえず温水洗浄が付いているもの、できればドラム式、メーカーはパナソニックか日立辺りかな、くらいの当たりはつけていました。

ただ設置スペースがそれほど広くないのでドラム式は難しそうなので、せめて温水機能があればいいな、といったことを売り場の店員さんに相談してみました。

現在の機種や現在の設置スペースの写真を見せて調べてもらったところ、どうやらドラム式はおろか、縦式でも温水機能がつくクラスのものだとサイズが厳しいだろうという返答。

今の設置スペースは左右と後ろが壁に囲まれているため余白的なスペースが取れず、特に奥行きがネックになってしまいそうとのことでした。

ならばもうあまり考える余地はないということで、モロモロを諦め、目の前にあった 日立のビートウォッシュ に決定。

ドラム式、温水機能付きの夢は破れてしまいましたが、その分、想定予算を大分下回った金額に収まりました。(設置工事と合わせて 7万ほど)

新しい洗濯機
乾燥機能がなくなったた分、容量アップ

レンジ

レンジがまた悩みどころで、これまで使っていたヘルシオのスチールオーブン機能をほとんど使っていなかったので、いっそ単機能レンジくらいでもいいんじゃないか、いやいや 10年経って性能も向上しているので多機能レンジでもいいんじゃないか、という葛藤でなかなか決めきれない。(先代が沈黙してから少し粘ったのもそのせい。)

ただ、最上位の機種を見てみると、スマートフォンアプリとの連動だったり調理用レシピが後から増やせたりといった、あまり本質的ではない付加価値が増えていくものばかりだったのでそこまで魅力は感じず、その下の中の上くらいの機種くらいのものがちょうど良さそうな感じ。

といったことを売り場で 30分くらい悩んだ末 、結局洗濯機と同じ 日立のヘルシーシェフ に決定。

決め手はオーブンの温度が 300度と比較的高い温度で調理できるのと、洗濯機で浮いた分の予算をレンジに回すことで上位機種に対する気が緩んだこと。あとはデザイン (ドアにメニュー番号が書いてない) や操作感でしょうか。こちらは 7万弱。

新しいレンジ

テレビの処分

最初、テレビも洗濯機と一緒に引き取ってもらえないかと思っていたのですが、購入手続き時に相談してみるとテレビは買い替えでしか回収対応をしていないとのこと。実は中野区のサイトを見ると購入店で引き取ってもらうように書いてあるので、本当は引き取ってもらそうなのですが、購入を証明するものが必要とかややこしくなりそうなので諦めました。

というわけで、改めて 中野区のサイト を確認し、家電リサイクル受付センターというところに回収を依頼することにしました。

粗大ごみと同じような流れでインターネット上で手続きができるので申し込んでみると、翌日には回収してもらえるとのこと。(ちなみに粗大ごみは約 1カ月待ち)

早速申し込んで、2日後にはスッと回収してもらうことができました。ちなみに費用は 37型のテレビで 5,820円で、これは業者の人に直接現金で支払います。(おそらく自治体によって異なります)

その後

当然といえば当然ですが、洗濯機、電子レンジ、ともに快適に利用しています。

電子レンジの方は、先代ではあまり活用していなかったスチームオーブンでいくつか料理してみました。それなりの仕上がりではあるのですが、調理時間や前後の準備や手入れの手間を考えるとどうかな...という感じ。なので、グリル機能の方を攻めて行こうと考えています。

洗濯機の方は完全に買ってから気付いたのですが、洗濯機自体に風呂の水を使って洗濯できる機能が付いていました。ただ、うちは洗濯機置き場と浴室が大分離れているので、使うのはダメだろうと思って説明書を見てみると、別売りパーツとして 7メートルのホースが売っているという記載が。

ざっくり測ってみると、7メートルあればばギリギリ洗濯機から浴室まで届くようなので、ものは試しと Amazon で 7メートルのホースを注文。

2日後には届いたので早速試してみた所、全く問題なく動作。

冬場は朝晩風呂に入る上に追い炊き機能のようなものもなく、毎回風呂の水を溜め直していたので、この機能は地味にうれしい。(ちなみに前回の上下水道料金は 5桁にせまっていました。)

さらに後付けの追い炊き器を使えば、諦めていた温水洗濯機能としても使える (ついでに追い炊きができるにもなる) のでは、ということにも気づいたので、検討を進めたいと思っています。

これで家の家電は一通り世代交代が...と思ったらまだ掃除機が残ってました。ただ後から買ったコードレス式がメインになってるので、これも近々処分でいいかな、ということで、一通り世代交代となりました。

実はこれは部屋の大規模改修の序章に過ぎないのですが、今回はここまで。

アレを求めて伊豆に行く

GoToの東京が解禁されたので、真っ先に伊豆に行きました。

サフィール
せっかくなので、初サフィール

サフィールの中
車内はピカピカ。天井にも窓があって解放的

東京駅から 2時間半ほどで伊豆急下田に到着

そろい踏み
新旧踊り子+元東急8000系

お目当てはこちらのお蕎麦屋さん

お蕎麦屋さん

の天せいろ

天せいろ

...もおいしいんですが、一番はこちらの七味唐辛子。

七味唐辛子

昨年フラッと下田旅行をした際に訪れて同じく天せいろを注文したのですが「こちらの七味もお使いください」と言われて、冷たいお蕎麦なのに七味? と思いながら使ってみたらまあ美味しいこと。

青のり?と山椒が強めな感じで香りがよく、後からくるピリッとした辛味も心地よくて、思わずお土産で買って帰ってしまったほど。

↓その時のツイート

それがちょうどなくなったくらいのタイミングでコロナが始まってしまい、買いに行くことが出来なくなってしまいまったのでした。

もう一つの目的がこちら。

目の前が海

こちらも以前訪れた旅館なのですが、目の前が海の旅館で波の音を聞きながらボーっとするのをもう 1度やりたいと思っていたところにコロナが...というわけで、こちらもようやく再訪することができました。

のんびり温泉に浸かり、豪勢な食事を頂きました。

ごちそう

月夜海
月がすごいことに。

なかなか GoTo しきれない情勢ではありますが、またどこか出かけたいものです。

突然釜めし

なんとなく釜めしが食べたくなり、どうせなら行ったことない横川まで行って食べようということで、思い立った翌日に行ってきました。

横川駅

釜めしは駅の売店で売っていて、近くに自由に座って食べれるベンチとテーブルが用意されています。

駅の売店

ベンチ

せっかくなので峠を眺めながら頂きました。

峠と釜めし

駅前には店舗もありますが、こちらは中で食べるタイプ。お味噌汁やデザートが付いた定食も食べられます。

店舗

食後は周辺をぶらぶら。

アプトの道
廃線になった信越線の跡を辿れるアプトの道。今回はさわりだけ。

アプトの道

関所
碓氷峠の関所跡

旧中山道
旧中山道。かつては旅人でにぎわっていたのでしょう。

峠
改めて見ると峠感がすごい

機関車
機関車が試運転してました。(鉄道村の展示?)

あとは高崎駅に戻って、ドーミーインで一泊して広いお風呂に浸かり、翌日お土産などを買って帰宅。

行って帰ってくるだけみたいなもんですが、プチ旅行気分を味わうにはこのくらいが程よい感じ。

釜めしの釜はちゃんと持って帰ったので、これを使った料理もなんか作ってみたいと思います。

ABOUT ME

小林の写真
書いてる人:小林はじめ
フリーランスのコンピューター屋の日常やら趣味やらについて色々書いていきます。