IROIRO

生まれ故郷を辿る

ちょっと思うことがあって、というわけでもないのですが、10年以上くらいぶりに生まれ故郷の日吉をぶらぶら歩いてきました。

中野からだと地味に行きづらい日吉。ルートはいろいろありますが、今回は原点?に返って渋谷から東横線に乗って向かいました。

渋谷スクランブルスクウェア
渋谷もどんどん変わって知らない姿になってました

F特急
Fライナーが来ました

特急は止まらないので武蔵小杉で目黒線に乗り換えます。

三田線 6000系
ちょうど三田線の新型車両が来ました

日吉駅票
着きました


日吉名物、通称「銀玉」は健在

慶応側を覗いてみると、ちょうどイチョウ並木が色づいていて、写真に収める人もチラホラ。しかし今回はこちら側にはほぼ行きません。

慶応
こっち側はあんまり縁がない

メインとなるのはこちらの商店街側。まさに生まれ育った街です。

日吉商店街
慶応生に「ヒヨ裏」と呼ばれていたと聞いて、ちょっとショックだった

放射状に伸びた道路は田園調布を模したものらしいですが、道が狭いのでバスが通るのも一苦労。

浜銀通り
この道をフルサイズのバスが通り、すれ違います

駅ビル
駅ビルができたのは小学生前後


あまり意味のない信号も健在


郵便局はそのまま、前の通りは「メイルロード」

日吉と言えばやはり「マルヤ」さん。今回は昼過ぎだったので商品はあまり残っておらず断念。

マルヤ
棚はきれいになってたものの、庇や青い看板はそのまま

ファミマとオリジン
このファミマは昔はガソリンスタンドで、オリジンはカメレオンクラブでした


幼稚園もほぼ通ってた時のまま

旧実家

日吉には生まれてから高校卒業までの 18年間住んでいて、その間に 2度の引っ越しをしています。そのうちの最初の実家だった場所に行ってみます。

まずは駅から普通部通りへ。


この先に慶応の普通部があるので普通部通り。角のマックも健在

商店が見当たらなくなってくると、角に現れるのが母校の日吉台小学校。



小6くらいの時に創立 120周年だったので、もう 150周年くらい?

そしてさらに小学校を越えて進んでいくと、日吉名物の坂の中でも名前の付いている「赤門坂」が見えてきます。

赤門坂

この赤門坂を下りずに電話ボックスのある路地を入った先

ここが最初の旧実家、の跡地。

旧実家跡地

住んでいたアパートは既になく、一軒家が建っていました。(表札を見ると、多分当時の大家さんのご家族)

当時は隣が広い造園のようになっていて、周囲も林のような木々に囲まれたうっそうとした雰囲気でしたが、それらはすべてなくなって広々とした雰囲気に様変わりしていました。

そしてその向かいに位置するのが

こちらの首なし地蔵様。その名の通り、首がありません。

正式名称は「赤門坂上庚申塔」というようで、地名などでも見る「庚申塚」とも言われる中国伝来の信仰のための石塔のことのようですが 、なぜお地蔵様の首がないのかなど詳しい由来は不明です。

住んでた頃は祠のようなものに囲まれて、周囲も木々が覆い茂っていましたが、今ではだいぶスッキリしていました。(位置も多分移動してる)


裏側にはお猫様も

小さい頃は「お前は首なし地蔵の所から拾われてきた」「悪いことをしたらお地蔵様のとこに返すぞ」などとヒドイことを言われたりもしましたが、不思議と恐怖は感じませんでした。


お地蔵さまと自撮り

ちなみに 2軒目、3軒目の実家も辿りましたが、ほぼ当時のままでした。

原点のおそば屋さん

日吉には僕がそば好きになった原点のお蕎麦屋さんがあります。それがこちらの六三さん。

六三
駅から最初の中央通りと普通部通りの間の路地にあります

子供の頃は「丸はし」という近辺に何店舗かあるお蕎麦屋さんの支店でしたが、その後独立して今のお店になりました。

家族みな、その丸はしのお蕎麦が大好きで、週末のお昼は月に 2、3回は出前を取っていました。

今回は鴨せいろを注文。

鴨せいろ

新そばの時期なので少し緑がかって挽きぐるみの混じったお蕎麦は相変わらず味も風味も絶品。

そば

蕎麦好きになった原点の味を堪能しました。

流石に十年以上ぶりなので覚えていないかと思いお声がけはしませんでしたが、丸はし時代からのご主人はまだまだお元気そうでした。

変わりゆく街並み

商店街はそれほど変わった様子はありませんでしたが、一方で大きく変貌していたのが日吉から綱島にかけての綱島街道沿いの一帯。

かつてサンテラス日吉というショッピングセンターがあった場所は巨大なマンションと、こじゃれたモールに。

元サンテラス日吉
ユニー、どこ...

パナソニックの工場の跡地は巨大なショッピングセンターやアップルの日本支社に。

apita アピタってなんの略...

近寄ると...
...ん?

UNI
ユニーあった!!!!

珈琲とケーキ
大分歩き回ったので一休み

車の展示販売
車まで売ってました


すっかり暗くなっちゃいましたが、アップル社屋

そして綱島まで来ると、開業間近の新綱島駅周辺の再開発が急ピッチで進められているなど、今後もどんどん変わっていきそうな将来性を感じました。


なんか色々建ててます


入口もできてました

まとめ

今回、日吉を巡ろうと思った一番のきっかけが、「自分には故郷がないな」と改めて気づいたからでした。

両親が日吉から母方の祖父母の家に移ったのが十年以上前。

その時にもボンヤリとは感じてはいたのですが、昨年、父方の祖父母が亡くなったのを機にその父方の祖父母の家に移り、母方の祖父母の家は取り壊すことになって、その思いが強くなった所はありました。

で、巡ってみてどうだったかというと、「記憶や思い出は割と鮮明に蘇るけど、やっぱり故郷かというとちょっと違うかも...」という思いに至りました。

「懐かしい」という気持ちはあるけど、「帰ってきた」って感覚ではないんですね。

なのでやっぱり「故郷はない」と改めて実感することになりました。

別にそれが寂しいとか悲しいとかいう気持ちはないのですが、故郷がある人はちょっぴり羨ましいなと思ったりはしました。

以上、よろしくお願いいたします。

これまでかかった感染症まとめ

これまでにかかったことのある感染症?の症状などをまとめました。

インフルエンザ(2回)

  • 原因:2回とも不明(空気、飛沫感染?)
  • 症状:発熱、関節痛、倦怠感、悪寒、頭痛
  • 病院:内科
  • 治療:タミフル(2回目のみ)、解熱鎮痛剤
  • 回復までの日数:5~7日 (3~4日は寝込む)

実は 1回目はほとんど症状がなく、熱も 37度いかないくらいの微熱があるくらいだったのでインフルエンザとは気づけず。数日経った頃に 38度を超える熱が一瞬出たので、そこで初めて病院に行ってインフルエンザと判明。ほとんど熱が出ない低温インフルというのがあるそうです。既にタミフルが効く期間を過ぎていたので解熱鎮痛剤だけもらって、あとは経過観察。

2回目はコロナ禍が始まる前後くらいのタイミングでガッツリ発症。発熱や関節痛、頭痛といった症状が強く出たので、すぐに病院に行ってタミフルを使いました。それでも 40度近い熱が続いて数日寝込むことに。

カンピロバクター

  • 原因:不明(河原のバーベキュー?)
  • 症状:腹痛(下腹部)、下痢、嘔吐、発熱
  • 病院:内科
  • 治療:整腸剤、解熱鎮痛剤(頓服)
  • 回復までの日数:3~4日 (1日寝込む)

もう大分前なので記憶が曖昧ですが、発症直後に下痢と嘔吐が酷くて、その後徐々に症状は落ち着いていったとかだった記憶。

カンピロバクターと判明したのも発症から 1週間くらい経った後で(検査に時間がかかった)、その頃にはすっかり回復していました。

ノロウィルス (2回)

  • 原因:(1回目)生牡蠣、(2回目)不明(外で食べた弁当?)
  • 発症まで:6~12時間程度
  • 症状:激しい腹痛、下痢、嘔吐、発熱
  • 病院:内科
  • 治療:整腸剤、解熱鎮痛剤(頓服)
  • 回復までの日数:5~7日 (3日は寝込む)

最悪。締め付けられるような腹痛に、激しい嘔吐と下痢。それが2、3日は続くので、その間フラフラになりながらベッドとトイレを往復することになります。

最初のうちは食事はままならないので水分を頑張って取るしかありません。ほぼ全部出てしまうのですが。

病院の先生曰くノロはアルコール消毒があまり効かないそうで、手洗いと加熱調理をしっかりするなどしか対処のしようがありません。(確かにコロナで消毒は念入りにしてても食らいました。)

アニサキス

  • 原因:生カツオの刺身
  • 症状:腹痛、嘔吐、下痢、じんましん、意識混濁(発症直後)
  • 病院:内科
  • 治療:内視鏡、制酸剤
  • 回復までの日数:5日前後 (1~2日は寝込む)

最悪その2。正確には感染症というよりはアレルギー症ですが、まあ食中毒ということで挙げておきます。

ノロやカンピロバクターはどちらかというと下腹部の方ですが、アニサキスは みぞおちの辺りに締め付けられるような痛みが走り、しばらくすると収まる、というのが続きます。これは齧られたのが胃だったためで、腸を齧られるとまた変わってくるようです。(そして症状もよりヒドイ。)

下痢、嘔吐の症状はノロと比べると軽めですが、逆に「出したら収まる」という事のがないので、ひたすら痛みに耐えるしかありません。

詳しくは 「こちらの記事」 をご覧ください

帯状疱疹

  • 原因:疲労 (感染経路は不明)
  • 症状:発疹、かゆみ、関節痛、倦怠感、リンパの腫れ
  • 病院:皮膚科
  • 治療:塗り薬、抗生物質
  • 回復までの日数:1~2週間

最初は胸の辺りに赤いブツブツが出てきて じんましんみたいなものかなと思って皮膚科に行ったら帯状疱疹との診断。そこで初めてダルさや関節痛が帯状疱疹によるものと気づきました。(疲れと肩こりだと思っていた)

関節痛はインフルエンザのようなじんわりした痛みと違って、ドンと衝撃がくるような鋭い鈍痛がたまに走るような感じで気持ち悪いしツライ。

薬を飲んでもウィルスは消滅しないので、体力を落とさないように安静にするしかありませんし、再発の恐れもあります。(その恐れが一生続きます)

口唇ヘルペス

  • 原因:疲労 (感染経路は不明)
  • 症状:唇の隅に発疹(水疱)、かゆみ、痛み、倦怠感、リンパの腫れ
  • 病院:皮膚科
  • 治療:塗り薬、抗生物質
  • 回復までの日数:1~2週間

ちょっと疲れが溜まると唇の端の辺りがピリピリして「来そうだな」という予兆が出てきます。

帯状疱疹ほど症状はひどくないものの、唇の端っこ(大体片方)にピリピリチクチクしたかゆみと痛みの中間位なのがじわじわと蝕む感じ。細かい水瘡ができたり潰れたりするのも地味にイヤな感じです。

こちらもウィルスが消滅しないので、再発の恐れが一生続きます。

まとめ

この中で症状がツライのは圧倒的にノロウィルス。次いでアニサキス。

インフルエンザも症状はツラいのですが、薬を飲んで症状を抑えてあとは寝ていればよいのでマシな方。ノロやアニサキスは薬での症状緩和が期待できず、しかも痛みやトイレへの駆け込みがあるので寝てやり過ごすという事があまりできません。

ただ、内視鏡検査、治療費、カフェイン中毒など、総合的なツラさでいうとアニサキスが一番かもしれません。

とにかく単なる食あたりとは比べ物にならないツラさですので、くれぐれもお気を付けください...

幸いなことに新型コロナにはまだかかっていません。代わりにインフルエンザ、帯状疱疹、ノロ、アニサキスをコロナ禍の最中で食らっているので、それで勘弁してもらいたいところです...

以上、よろしくお願いいたします。

Re:Tepa 0.1.1 リリース

いつの間にか最初のリリースから 2年半(!)も経ってしまいましたがテキストエディター Re:Tepa 0.1.1 をリリースしました。

Re:Tepa のサイトはこちらです。

ReTepaImage

といっても見た目や機能面ではほとんど変化はなく、履歴メニューの位置が移動したくらい。

正直現時点では機能的には不十分で広くオススメできる状態ではないため、ベータ版の前のコンセプトプレビュー版としています。(ちなみにコンセプトプレビュー版というのは「こんな感じで行きます」というのをチラ見せするという意味で勝手につけてます。)

2年半も経っていながらユーザー側にとってはあまり意味のないリリースではありますが、開発している側としては大きなマイルストーンとなっています。(ライブラリーが最新になった分、安定性やパフォーマンスの向上というメリットはありますが...)

実は今回のリリースに当たって、ソースコードを全面的に改修し、全体の 7~8割くらいの内容を書き直しました。

書き直しの最大の理由は採用しているフレームワークを変更したため。詳しいことは 別の記事 にしていますが、最初に採用していた Vue から React というフレームワークに変更しました。それに伴って周辺のライブラリーなども差し替えたため、結果としてほぼ全面的な書き直しとなりました。

とはいえその書き直しに 2年半かかってしまったというわけではなく、実際に着手したのは昨年の末くらいなので、実質半年ほど。

その前は仕事やモチベーションの低下でほぼ開発が中断してしまっていたのですが、このままだと本当に触らなくなっていってしまいそうだったので、一念発起して書き換えを開始。

なんとか自分の誕生日にリリースすることができました。(最初から狙っていたわけではなく、開発を進めていくうちに誕生日が近くなったので合わせることにしました。)

結果的には開発の効率やモチベーションが向上し、今後もやっていくぞという気持ちになったので、やっておいてよかったと思っています。

今後については最初のリリース時点からいろいろと構想は考えているのですが、とりあえず直近の目標はもう少しメモ帳から毛を生やしたくらいのベータ版をリリースすること。

そしてある程度機能が揃ったところで正式リリースとして、ストアアプリなどでも配布できるところまで持っていきたいと考えています。

まだまだ生まれたての状態ではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ABOUT ME

書いてる人
書いてる人:小林はじめ
フリーランスのコンピューター屋の日常やら趣味やらについて色々書いていきます。