IROIRO

突然釜めし

なんとなく釜めしが食べたくなり、どうせなら行ったことない横川まで行って食べようということで、思い立った翌日に行ってきました。

横川駅

釜めしは駅の売店で売っていて、近くに自由に座って食べれるベンチとテーブルが用意されています。

駅の売店

ベンチ

せっかくなので峠を眺めながら頂きました。

峠と釜めし

駅前には店舗もありますが、こちらは中で食べるタイプ。お味噌汁やデザートが付いた定食も食べられます。

店舗

食後は周辺をぶらぶら。

アプトの道
廃線になった信越線の跡を辿れるアプトの道。今回はさわりだけ。

アプトの道

関所
碓氷峠の関所跡

旧中山道
旧中山道。かつては旅人でにぎわっていたのでしょう。

峠
改めて見ると峠感がすごい

機関車
機関車が試運転してました。(鉄道村の展示?)

あとは高崎駅に戻って、ドーミーインで一泊して広いお風呂に浸かり、翌日お土産などを買って帰宅。

行って帰ってくるだけみたいなもんですが、プチ旅行気分を味わうにはこのくらいが程よい感じ。

釜めしの釜はちゃんと持って帰ったので、これを使った料理もなんか作ってみたいと思います。

先週の振り返り:2020/08/30 - 09/05

週前半の記憶がなくてビックリしたので、自分自身の記憶のためにまたやっていきたいと思います。

ちなみに失われた記憶は

  • Google Map のタイムライン
  • Google フォト
  • Twitter のログ

辺りを辿れば大体思い出せます。

週前半

前半の記憶がないのは二日酔いなどでグッタリしたからで、側頭部を揉むなどしていました。

身の回りをリフレッシュ

キーボードのキートップを全部外して丸洗い。本体もほこりをエアダスターと掃除機で取り除いて綺麗に磨いてスッキリ。

ヘッドホンはイヤーパッドをクリーナーで拭き掃除 → 参考記事

豪雨とカレー

高円寺のエリックサウスのカレーランチ。

雨雲レーダーで雨雲の予報を見ながら、サッとカレーを食べて高野青果で買い物して帰るチキンレースに挑んだものの、予報よりも雨雲の接近が早まって軽く豪雨を浴びて敗北。

カレー自体は美味しいので勝利だったので、結果イーブン。

最高の弁当

中東料理のカルタゴさんで久々のテイクアウト。見るからに最高のトルコ弁当。マトンのシチューにトマトのスクランブルエッグ、ニンジンとズッキーニの天ぷらなどが乗ったトマトピラフ。文句なく最高でした。

最高の肉と鍋

もつ鍋が食いたいと誘われて、塩ホルモンさとう へ。(先週も行ったけど)

久々のもつ鍋は相変わらず美味しい。その日たまたまオンメニューしていたヒレ肉頂けて大満足。カレーを食べそびれたのでまたの機会にチャレンジしたい(今週も行くけど)

菜園の夢

野菜を色々育てる園芸番組を NHK で見たのがくすぶっていたので、島忠に行って種を色々購入。

本当は苗を買うつもりだったけど、いつも買ってすぐに枯らしてしまうのでいっそ種から育てて数撃ちゃ当たるでやった方がいいのではないか的な考えです。あと、ちょうど種まき時期なものが多かったというのもあります。ちなみに屋外の売り場で植物を長時間見繕ってたせいか、帰り道で熱中症になりかけました。危険。怖い。

ひとまずローズマリー、クレソン、パクチーを外のプランターに植え、チャービルとルッコラ、スプラウトは室内で育ててみています。

激辛唐辛子

エリックサウスの帰り、迫りくる本降りから逃れようと急いで駅に向かったら、駅構内で福島の特産品が売っていたので一瞬だけ覗いて買ったデカい唐辛子。

万願寺唐辛子的な辛くない品種のを想像していたら、これがめちゃくちゃ辛い。6本入りのうちの 3本を使ったら 3本とも全部辛い。残りの 3本、辛くないやつはあるのだろうか...

まとめ

先週は前半が記憶を失い、後半は夕立に振り回された一週間でした。今週は記憶を保っていきたいと思います。

SONY WH-1000XM3 のイヤーパッドを純正品で交換

自宅作業をする上で欠かせないのがノイズキャンセリング機能の付いたヘッドホン。

今は 1年半ほど前に購入した SONY の WH-1000XM3 というヘッドホンを愛用していてます。

WH-1000XM3

あまり音質やメーカーにはこだわりはないのですが、ノイズキャンセリングの性能の高さと、なにより長時間着用したままでもまったく耳が痛くならないので、トイレや風呂、外出時以外は常に着用したままになっています。

ただ、常時着用していると耳に当たるイヤーパッドの部分が劣化してきてしまい、こまめに拭いたりしていても汚れや匂いが気になってきてしまいます。

そこでイヤーパッドの部分だけを交換できるかどうかを調べてみたところ、他のメーカー製の代替品ばかり出てきてイマイチな感じ。

それでも色々調べて最終的には SONY 純正のイヤーパッドを取り寄せて交換することができましたので、そこに至るまでの経緯と取り寄せ方法をお伝えします。

ソニーからイヤーパッドを取り寄せる

まず最初に SONY のサイトにある お手入れ方法のページ を見てみると、

イヤーパッドはお手入れをしていても、長期の使用・保存により劣化します。 イヤーパッドが破損した場合は、ソニーの相談窓口またはお買い上げ店にご相談ください。

と書かれており、どうやら修理に出さないといけないようなニュアンスです。

次に「WH-1000XM3 イヤーパッド 交換」検索してみると、出てくるのは別のメーカーの代替品やイヤーパッドの上からかぶせるカバーのような商品ばかりで、メーカー純正のものは出てきません。

これは普通に修理に出すしかないかなと思いながらもう少し探ってみると、MDR-1000X はイヤーパッドだけを取り寄せることが可能という情報を発見。その後継機である WH-1000XM3 も取り寄せできる可能性が出てきました。

そこでまずは サポートのチャット で「修理またはイヤーパッドの取り寄せは可能ですか?」と問い合わせてみると、返ってきた返答は「修理ならここから申し込み可能ですが、イヤーパッドの取り寄せが可能かどうかはわからないので付属品の注文窓口からお問い合わせください」というものでした。

そう。商品サポートには付属品の購入というページもあって個別に注文ができるようになっています。ただ、今回のイヤーパッドは付属品というより本体の一部であり、対応商品の一覧にも書かれていなかったので、一旦サポートに問い合わせたのでした。

というわけで一旦修理するかは保留としてチャットを終了、 付属品の購入ページ から メールでの問い合わせ を開き、フォームから型番(WH-1000XM3)と部品名(イヤーパッド)、個数 (2) と入力して問い合わせを送信。

すると数時間後には返信が届き、

==========【販売条件の概要】========
  受付番号:*******
  型式名1:WH-1000XM3
  部品名1:イヤーパッド(プラチナシルバー用)
  部品コード1:X-2597-786-1
  単価:2750円(税込)
  数量:2点
  ※在庫あり


※ご注文やお問合せの際、「件名(Subject)」を変えずにご返信をお願いいたします。

===========合計金額==============
    部品代金小計:5500円 (税込)
    送料・手数料:660円 (税込)
==============================
  お支払い金額合計:6160円 (税込)
※お支払い方法は代金引き換え(現金でのお支払い)のみとなります。
==============================

といった内容の返信が返ってきました。

代替品よりは高めですが、本体ごと買い替えるよりは安く、修理に出してしばらく使えなくなるよりは全然マシなので「頂いた内容で注文します」と添えて返信。

すると翌日には発送の連絡が届き、さらにその翌日には手元に届きました。

箱

中身

新旧比較

あとは本体から古いイヤーパッドを取り外して、新しいものと交換するだけです。

交換手順

外し方
隙間にマイナスドライバーを突っ込んで持ち上げる。キズが怖い時はプラスチックのなんらかとかのがよさそう

外した様子
外した状態。ツメが 6か所あるので、これを最初に 2、3外せば後は手で外せます

取り付け
新しいイヤーパッドを取り付けます。このように内側からツメを押し込むようにするとうまくはまります。

以上で交換は完了。慣れれば数分で済ませることができます。

ちなみにイヤーパッドはこのクリーナーを使って定期的にクリーニングするようにしています。

実は純正品を取り寄せる前に 1,000円くらいの代替品も買ってみたのですが、そもそもツメの位置が若干ズレていて取り付けることができませんでした。まさに安物買いの銭失い。

後継の WH-1000XM4 の情報もチラホラ出てきているようですが、現行機でも十分満足しているので、もうしばらくは使い続けていきたいと思っています。

ABOUT ME

小林の写真
書いてる人:小林はじめ
フリーランスのコンピューター屋の日常やら趣味やらについて色々書いていきます。