IROIRO

煮魚にちくわぶを

これから煮魚を作ろうと思っている方。ぜひ一緒にちくわぶを煮てみてください。

これまで ちくわぶの素晴らしさを語ってきては関東以外の出身の方々から (時には関東出身の方々からすら) ヒンシュクを買ってきましたが、それくらい ちくわぶが好きで、おでんの具はもちろん、色々な活用の可能性についても探ってきました。

ちくわぶのみのおでん

七味チーズ焼き

炒め物とバター焼き

すき焼き

このすき焼きが ちくわぶ好きの原点ともいえるもので、肉や野菜のエキスが染み出た汁を ちくわぶが吸い込み、卵と絡めて食べれば他の具材からの旨みがモチモチ食感と共に広がり、口の中幸せにしてくれます。

そして煮つけへ

よく考えれば、魚の煮つけも すき焼きと同じ系統の味付けなので、合わないはずがありません。煮つけ用の豆腐を買いに行ったスーパーで ちくわぶを目にした瞬間、なんでこれに気付かなかったのだろうと不思議に思ったくらいです。

特に工夫はいりません。適当な大きさに切って魚と一緒に煮るだけです。

ただ、魚の煮つけはあまり長時間煮ないので、より味の染みた方がお好みであれば一晩寝かせて吸わせたり、煮汁だけ取り出して別鍋で煮るなどすると、より濃厚な味わいになるかと思います。

ちくあぶファンはお試しあれ。

なんでもつけ麺みたいにする

僕はラーメンよりも つけ麺の方がなんとなく好きです。

子供のころから蕎麦をよく食べてたせいか、はたまた麺をスープにつけるという動作にエンターテインメント性を感じているのか、もしくは麺とスープで分かれているので品数が多く見えるからか。

とにかく理由はわかりませんが、いわゆる つけ麺に限らず、麺類全般をつけ麺風にしてしまいがちです。

↓普通のラーメンの状態

パスタ

普通の蕎麦もあります。


これは鴨南蛮

冷や麦

つけ麺化には特別な作業は特に必要なく、汁麺のスープを丼より小さ目の器に濃い目に作っておいて、麺を茹でたら水でしめて別皿に盛るだけ。あつ盛なら水でしめずにお湯を切るだけにします。

パスタは基本的に水でしめずにお湯を切って、オリーブオイルやバターを和えて麺同士がくっつくのを防ぐのがよいでしょう。シチューやカレーなんかがよく合います。フォークでもいいですが、箸を使ってすすりながら食べると背徳感も味わえます。

ちょっと気分を変えてみたい時にお試しあれ。

レシピ:空心菜のおひたし

空心菜というと大抵は炒め物になってしまうのですが、最近はおひたしにすることにはまっています。

それほどクセがないので茹でずにレンジで加熱するだけで済み、簡単に作ることができます。

材料

  • 空心菜
  • しょうゆ + みりん、またはだし醤油
  • だし醤油
  • ごま油

作り方

  1. 空心菜は水洗いして、適当な大きさにざく切りする(キッチンはさみを使うと便利)
  2. レンジにかけられるさらに空心菜を盛り、ラップをかけて、レンジで 60~90秒加熱
  3. 加熱した空心菜を水に晒して熱を取り、キッチンペーパーなどで絞って水気を切る
  4. 調味料で味付け。醤油+みりんの場合は 1:1 で合わせて、レンジで 15秒ほど加熱して、冷ましておいたものをつかう

ポイント

  • 2 のレンジで加熱の際、茎の部分だけを先に 30秒ほど加熱してから、葉の部分と合わせてさらに加熱すると火の通りが均一になります。
  • だし醤油は複数の種類を合わせると風味が豊かになります。(僕は普通のだし醤油と牡蠣醤油をあわせています、)
  • ゴマ油の代わりにすりごまでもよいです。

茎のシャキシャキ感と葉のネットリ感が強調され、触感が楽しいおひたしになります。

よろしければお試しあれ。

ABOUT ME

小林の写真
書いてる人:小林はじめ
フリーランスのコンピューター屋の日常やら趣味やらについて色々書いていきます。