IROIRO

これまでかかった感染症まとめ

これまでにかかったことのある感染症?の症状などをまとめました。

インフルエンザ(2回)

  • 原因:2回とも不明(空気、飛沫感染?)
  • 症状:発熱、関節痛、倦怠感、悪寒、頭痛
  • 病院:内科
  • 治療:タミフル(2回目のみ)、解熱鎮痛剤
  • 回復までの日数:5~7日 (3~4日は寝込む)

実は 1回目はほとんど症状がなく、熱も 37度いかないくらいの微熱があるくらいだったのでインフルエンザとは気づけず。数日経った頃に 38度を超える熱が一瞬出たので、そこで初めて病院に行ってインフルエンザと判明。ほとんど熱が出ない低温インフルというのがあるそうです。既にタミフルが効く期間を過ぎていたので解熱鎮痛剤だけもらって、あとは経過観察。

2回目はコロナ禍が始まる前後くらいのタイミングでガッツリ発症。発熱や関節痛、頭痛といった症状が強く出たので、すぐに病院に行ってタミフルを使いました。それでも 40度近い熱が続いて数日寝込むことに。

カンピロバクター

  • 原因:不明(河原のバーベキュー?)
  • 症状:腹痛(下腹部)、下痢、嘔吐、発熱
  • 病院:内科
  • 治療:整腸剤、解熱鎮痛剤(頓服)
  • 回復までの日数:3~4日 (1日寝込む)

もう大分前なので記憶が曖昧ですが、発症直後に下痢と嘔吐が酷くて、その後徐々に症状は落ち着いていったとかだった記憶。

カンピロバクターと判明したのも発症から 1週間くらい経った後で(検査に時間がかかった)、その頃にはすっかり回復していました。

ノロウィルス (2回)

  • 原因:(1回目)生牡蠣、(2回目)不明(外で食べた弁当?)
  • 発症まで:6~12時間程度
  • 症状:激しい腹痛、下痢、嘔吐、発熱
  • 病院:内科
  • 治療:整腸剤、解熱鎮痛剤(頓服)
  • 回復までの日数:5~7日 (3日は寝込む)

最悪。締め付けられるような腹痛に、激しい嘔吐と下痢。それが2、3日は続くので、その間フラフラになりながらベッドとトイレを往復することになります。

最初のうちは食事はままならないので水分を頑張って取るしかありません。ほぼ全部出てしまうのですが。

病院の先生曰くノロはアルコール消毒があまり効かないそうで、手洗いと加熱調理をしっかりするなどしか対処のしようがありません。(確かにコロナで消毒は念入りにしてても食らいました。)

アニサキス

  • 原因:生カツオの刺身
  • 症状:腹痛、嘔吐、下痢、じんましん、意識混濁(発症直後)
  • 病院:内科
  • 治療:内視鏡、制酸剤
  • 回復までの日数:5日前後 (1~2日は寝込む)

最悪その2。正確には感染症というよりはアレルギー症ですが、まあ食中毒ということで挙げておきます。

ノロやカンピロバクターはどちらかというと下腹部の方ですが、アニサキスは みぞおちの辺りに締め付けられるような痛みが走り、しばらくすると収まる、というのが続きます。これは齧られたのが胃だったためで、腸を齧られるとまた変わってくるようです。(そして症状もよりヒドイ。)

下痢、嘔吐の症状はノロと比べると軽めですが、逆に「出したら収まる」という事のがないので、ひたすら痛みに耐えるしかありません。

詳しくは 「こちらの記事」 をご覧ください

帯状疱疹

  • 原因:疲労 (感染経路は不明)
  • 症状:発疹、かゆみ、関節痛、倦怠感、リンパの腫れ
  • 病院:皮膚科
  • 治療:塗り薬、抗生物質
  • 回復までの日数:1~2週間

最初は胸の辺りに赤いブツブツが出てきて じんましんみたいなものかなと思って皮膚科に行ったら帯状疱疹との診断。そこで初めてダルさや関節痛が帯状疱疹によるものと気づきました。(疲れと肩こりだと思っていた)

関節痛はインフルエンザのようなじんわりした痛みと違って、ドンと衝撃がくるような鋭い鈍痛がたまに走るような感じで気持ち悪いしツライ。

薬を飲んでもウィルスは消滅しないので、体力を落とさないように安静にするしかありませんし、再発の恐れもあります。(その恐れが一生続きます)

口唇ヘルペス

  • 原因:疲労 (感染経路は不明)
  • 症状:唇の隅に発疹(水疱)、かゆみ、痛み、倦怠感、リンパの腫れ
  • 病院:皮膚科
  • 治療:塗り薬、抗生物質
  • 回復までの日数:1~2週間

ちょっと疲れが溜まると唇の端の辺りがピリピリして「来そうだな」という予兆が出てきます。

帯状疱疹ほど症状はひどくないものの、唇の端っこ(大体片方)にピリピリチクチクしたかゆみと痛みの中間位なのがじわじわと蝕む感じ。細かい水瘡ができたり潰れたりするのも地味にイヤな感じです。

こちらもウィルスが消滅しないので、再発の恐れが一生続きます。

まとめ

この中で症状がツライのは圧倒的にノロウィルス。次いでアニサキス。

インフルエンザも症状はツラいのですが、薬を飲んで症状を抑えてあとは寝ていればよいのでマシな方。ノロやアニサキスは薬での症状緩和が期待できず、しかも痛みやトイレへの駆け込みがあるので寝てやり過ごすという事があまりできません。

ただ、内視鏡検査、治療費、カフェイン中毒など、総合的なツラさでいうとアニサキスが一番かもしれません。

とにかく単なる食あたりとは比べ物にならないツラさですので、くれぐれもお気を付けください...

幸いなことに新型コロナにはまだかかっていません。代わりにインフルエンザ、帯状疱疹、ノロ、アニサキスをコロナ禍の最中で食らっているので、それで勘弁してもらいたいところです...

以上、よろしくお願いいたします。

ABOUT ME

書いてる人
書いてる人:小林はじめ
フリーランスのコンピューター屋の日常やら趣味やらについて色々書いていきます。