IROIRO

3回目のワクチン接種から 2週間経った

3回目のワクチン接種から効果が出るという 14日が経過しましたので、これまでの状況をお伝えします。

接種概要

  • 接種者:40歳 男性 基礎疾患なし・飲酒あり・喫煙なし
  • 接種 1回目:2021/6/17 (自衛隊大規模接種センター 東京会場 武田モデルナ製)
  • 接種 2回目:2021/7/18 (同上)
  • 接種 3回目:2022/2/9 (同上)

接種まで

今住んでいる中野区では 65歳以下の人は 2021年1月下旬から接種券が送付され、 2回目の接種から 7ヶ月が経過した日から予約が可能とされていました。

2回目接種が 2021/7/18 だったので、その 7ヶ月後である 2022/2/18 以降で予約が可能となります。

一方、自衛隊の大規模接種センターは 2回目から 6ヶ月以降であれば接種可能で、追加枠の予約が始まる直前に接種券が届いたので、受付開始と同時に最短の 2/9 の予約を取りました。

3回目の接種は別のメーカーのものを接種する、いわゆる交互接種を行った方がワクチンの効果が高いといわれていますが、オミクロン株の急拡大の状況と重症化のリスクがこれまでよりは高くないという点を鑑み、効果よりも早く打つことを優先することにしました。

当日

すでに 3回目となる自衛隊の大規模接種センター。今回は中野から東西線で竹橋まで行くルートを使いました。ちょうど東京駅からのシャトルバスの降り口の前に出口があり、実はこのルートの方が方が東京駅に出るより楽だったりします。

会場内も前回同様、1回のプレハブで検温→持ち物検査→受付を済ませ、建物内に入ります。1回目、2回目よりはスムーズに流れ、ほとんど待ち時間はありません。

ここからは過去 2回だと受付時に渡されたクリアーファイルの色ごとに進む階が分かれ、それぞれの階で問診→接種→経過観察→証明書発行という流れでしたが、今回は建物の 1階で事前の問診、その後エレベーターで 7階へ移動して接種と経過観察、そして再び 1階に移動して接種証明書の発行という流れに変わっていました。

ちなみに当初は 1階のみで行われていたところを頑張って拡大させたようです。(毎回お疲れ様です、としか言いようがない...)

接種証明書の発行で 5分ほど待ちましたが、それでも全体を通して 30分ほどで終了。非常にスムーズに接種を受けることができました。

帰りはシャトルバスで東京駅まで移動。

ほんのわずかですが旅行気分を味わうことができます。

お昼の時間を過ぎていたので、できたばかりの八重洲の東京カレーコートを訪問。

時間が遅かったのでコロンビア8 に並ばずに入店し、スパイスカレーを頂きました。

その後、北海道のアンテナショップを見て、

大丸の地下で夕飯のお惣菜を買い、駅構内の銀の鈴広場にあった自動コーヒーマシンを体験。



東京駅を堪能して帰宅しました。

副反応

今回の副反応は過去 2回よりもだいぶ軽い印象でした。それでも接種部の痛みは当日夜から起こって 4~5日続き、翌日には倦怠感も感じました。

腕の痛みは接種翌日がピークを迎え、夜寝るのに支障をきたす感じだったので、この時だけロキソニンを服用しました。

また今回初の症状としては接種した側のわきの下のリンパが腫れて痛みが出る、というものがありました。これも腕の痛みと連動した感じで数日続き、次第に治まっていきました。

前回までにあった発熱や頭痛はまったくなく、2日目以降はほとんど生活に支障が出ないくらいくらいまで治まりました。

まとめ

ひとまずオミクロン株急拡大の中、早いタイミングで 3回目が打てたのは幸いでした。副反応もそれほどひどくならずに済み、とりあえずは一安心といったところです。

ちょっとずつ旅行なども再開できればと動向をうかがいながら、引き続き感染予防をしっかり行っていきたいと思います。

皆様もどうぞお体お気を付けください。

以上、よろしくお願いいたします。

ABOUT ME

書いてる人
書いてる人:小林はじめ
フリーランスのコンピューター屋の日常やら趣味やらについて色々書いていきます。